Japanese Curry Awards 2015発表!

  • 2015.12.24 Thursday
  • 17:32
 
JUGEMテーマ:グルメ
Japanese Curry Awards 2015 審査結果発表!


今年もいよいよJapanese Curry Awards 2015受賞店の発表となりました。
この『Japanese Curry Awards』は「カレーは文化である」との観点から「○○といった観点において、日本カレー文化に貢献した」ということを選考基準に以下の14名にて決めたものです。選考委員は今回からあらたに東京から1名、関西から4名のカレーブロガーさんも加わりより充実したものになったと思います。

  USHIZOさん ( CURRY DIARY(・x・) )
  エスニカンさん ( ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ )
  ropefishさん ( カレー細胞 )
  たあぼうさん ( お気に入りのカレー屋さん700 )
  ろなうどさん ( CURRIHOLIC!! )
  三吉さん ( 三吉カレー日誌 〜あるいはカレーでいっぱいの海〜 )
  ひろこさん ( 東京無責任女の大冒険 )
  しまじろさん ( カレー401 )
  K1郎さん ( うまから手帖◆旨辛エスニックで行こう! )
  TAKさん ( かれおた -curry maniacx- )
  みつおさん( Bicycle & Ethnic 2
  三嶋達也さん (『口癖はカレー』
  ノムコさん( NOMCO CURRY MAP
  ノリ ( うまいものは宵に食え )
 
アワードを受賞するお店が10店舗、それ以外にここ一年でオープンしたお店が対象の「新人賞」、長年にわたる日本カレーへ
の功績に対する「名誉賞」の計12店舗を選出いたしました。

それでは第二回『Japanese Curry Awards』の発表です!

 
◇Japanese Curry Awards 2015受賞店

◇メインアワード
  • 奥芝商店(八王子)
  • カッチャルバッチャル(新大塚)
  • カルータラ(肥後橋)
  • ゴヤクラ(長掘橋)
  • サワディシンチャオ(本町)
  • スパイスツリー(逗子)
  • 東京東洋軒(赤坂見附)
  • ニルワナム(神谷町)
  • バンブルビー(本町)
  • まめ蔵(吉祥寺)

◇新人賞
  • ハブモアカレー(表参道)
  • ダルバート食堂(谷町四丁目)

◇名誉賞
  • 新宿中村屋Manna(新宿)

今回は関西のお店も何店舗も入っています。私が未訪のお店もありますし、個人的に押していても残念ながら受賞を逃したお店もありますが、各委員が熱い議論を交わした上で決まったお店ですので、どこを訪れても外れはないはずです。ぜひ皆さんも食べに行かれてみて下さい!

Japanese Curry Awards 2015ノミネート

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 00:00
昨年からはじまった Japanese Curry Awards 本年もいよいよ選考の時期となりました。

・Japanese Curry Awardsについてはこちらの記事をご覧下さい。
・2014年のAwardsはこちらをご覧下さい。

審査基準は昨年と同じく「日本のカレー文化に貢献した店」で、年内にアワードを発表致します。

選考委員は今回からあらたに東京から1名、関西から4名のカレーブロガーさんにも参加していただき、総勢14名となりました。
選考委員は以下の方々です。

  USHIZOさん ( CURRY DIARY(・x・) )
  エスニカンさん ( ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ )
  ropefishさん ( カレー細胞 )
  たあぼうさん ( お気に入りのカレー屋さん700 )
  ろなうどさん ( CURRIHOLIC!! )
  三吉さん ( 三吉カレー日誌 〜あるいはカレーでいっぱいの海〜 )
  ひろこさん ( 東京無責任女の大冒険 )
  しまじろさん ( カレー401 )
  K1郎さん ( うまから手帖◆旨辛エスニックで行こう! )
  TAKさん ( かれおた -curry maniacx- )
  みつおさん( Bicycle & Ethnic 2

  三嶋達也さん (『口癖はカレー』
  ノムコさん( NOMCO CURRY MAP
  ノリ ( うまいものは宵に食え )

私のノミネート店は以下の通りです。今回も「日本ならではのカレーを出しているお店」「現地の料理を出すことでカレー文化の普及に貢献しているお店」を基準に選出しました。
今回も関東のお店から選出しました。


◇名誉賞……新宿中村屋
ラス・ビハリ・ボース氏への敬意をこめて。カレー粉ではなくスパイスを使うスタイルの始まりであり、昭和の初めにインドカリーを出したというのは日本のカレー文化を作った一翼を担っていたのではないだろうか。

◇新人賞……インド亜大陸食堂 Kalpasi(カルパシ)
コメジルシという日本酒BARの間借り営業だが、その実力は折り紙付き。週替わりで提供される様々なインド亜大陸のお料理は一つ一つ丁寧に作られており、デザートにいたるまでどれも美味しい。サラリーマンを辞めてまでお店を始めたオーナーの本気度満開のお店。

◇アワード店

ケララの風

オーナーの沼尻氏は長く南インド料理の普及に努めてこられた方。インド人のお客さん多く、週末は行列になっている。日本人のお客さんで、インド人からエアインディアの機内で日本に行ったらここでミールスを食べるように勧められたという冗談みたいな話しも聞いた。ミールスを本場と同じくお代わり自由で出しているのはこちらだけではないだろうか?

チャミヤラキッチン
ガンガーの源流があるネパールとの国境近くガルワール地方の料理が頂けるお店。豆料理もよくあるものと異なり山岳地方の珍しいもの。他にも屋台料理やサブジなど一風変わった料理が多くしかも美味しい。毎日食べても飽きない、食べやすくて美味しいお店。

スパイスツリー
オーナーはデリー出身らしいが、デリーのテイストではなくインド料理をベースに独自の色を出している。カレーは定番のメニューはもちろん、場所柄か魚カレーもおいしい。日替わりトッピング炒めものや和え物もおすすめ。あっという間に地元客も多く行列の絶えないお店に。

タカリバンチャ
日本では珍しいタカリ族のお店。よくあるネパール料理とはひと味違う料理のオンパレード。脳みそとタンの炒め物ギディジブロブデコはぜひ食べて欲しい1品。オーナーが積極的にイベントを行っており、その際には普段は食べられないような変わった料理が出てくるのも楽しい。

いっぺこっぺ
カツカレーのお店であるが、こちらのカツカレー、本当のところ主役はカツである。なので取り上げるのを一瞬迷ったお店。しかしながらカレーはスパイスがきいており、カツとのマッチングはいいと思う。蒲田の行列店「とんかつ檍」のカツを食べることのできるお店で、檍ほど行列していないのも嬉しい。

スパイス(幡ヶ谷)
古き良き日本のカレー。最近ではあまり見かけなくなったステンレス製の器に山盛りのご飯、そしてとろっとしたルーがたっぷりとかかっており、見ただけで食欲がわいてくる感じ。辛口のチキン、中辛のビーフ、甘口のポークの3種類はルーも異なっており、合い掛けにすると2種類が楽しめるのも嬉しい。サラダは別で頼むとフルーツが載った懐かしい感じのものが出てくる。ご主人と奥さまの人柄も相まって定期的に通いたくなるお店。

プルジャダイニング
池袋にあった「味家」のプルジャさんが再来日してオープンしたお店。ダルバート(ダルバット)はもちろん、アチャールやタルカリ、チウラにディドとどれも美味しい。ネパールの家庭の味が満載です。

すらさ
スリランカの草分け的お店の一つ、溝の口駅から少し離れた処にあるのに十年以上続けているのは凄いと思う。一時期完全にベジタブルに変更したけれど最近またもとの形にもどったので、美味しい魚カレーを食べることが出来るように!そしてポルサンボルもうま味たっぷりに戻ったのはとても嬉しい!

カラチの空
八潮にある日本では数少ないパキスタン料理の専門店、通常メニューではなく、ホワイトボードにウルドゥ語で書かれたメニューを選ぶべき。マトンカラヒやネハーリ、ハリームなんかが普段からあるお店は少ないです。ナンはゴールナンにしてもらうとパキンスタン色が一層強まるのでぜひ。

インド食堂アンジュナ
高幡不動という都心からは少々離れた場所にあるにもかかわらずの人気店。店主の藤井さんは「アジャンタ」出身でアジャンタの味を受け継ぎ進化させたお料理を味わえます。ピクルスや焼き物なども美味しくお酒にも合う味。マトンカレーが有名ですが野菜や豆のカレーが個人的にはツボでした。


今年はどのお店がアワードに輝くのかご期待下さい!

JUGEMテーマ:グルメ

Japanese Curry Awards 2014発表!

  • 2014.12.30 Tuesday
  • 01:23
JUGEMテーマ:グルメ
 


前回のエントリーでも書きましたが、この『Japanese Curry Awards』は「カレーは文化である」との観点から「○○といった観点において、日本カレー文化に貢献した」ということを選考基準に以下の11名にて決めたものです。

 USHIZOさん (CURRY DIARY(・x・)
 エスニカンさん(◆毎日カレー◆と★タイ料理★
 ropefishさん (カレー細胞
 たあぼうさん (お気に入りのカレー屋さん700
 ヒロシさん  (Curry My Love!)
 ろなうどさん (CURRIHOLIC!!
 三吉さん   (三吉カレー日誌 〜あるいはカレーでいっぱいの海〜
 クンプーさん (タイ料理ライタークン・プーのタイ料理食べ歩きブログ&まいぺんらいタイ料理レシピ
 ひろこさん  (東京無責任女の大冒険
 しまじろさん (カレー401
 ノリ     (うまいものは宵に食え

アワードを受賞するお店が10店舗、それ以外に2013〜14年にオープンしたお店対象の「新人賞」、長年にわたる日本カレーへ
の功績に対する「名誉賞」の計12店舗を選出いたしました。

それでは栄えある第一回『Japanese Curry Awards』の発表です!

 
◇Japanese Curry Awards 2014受賞店
 
  • アサノ(町田)
  • かれーやうえの(鷺ノ宮)
  • エリックサウス(東京駅)
  • オクシモロン(鎌倉)
  • カラピンチャ(神戸王子公園)
  • ガラムマサラ(経堂)
  • GHEE(明治神宮前)
  • シャー・トムヤムクン・ポーチャナー(上野)
  • トマト(荻窪)
  • カフェハイチ(新宿)

◇新人賞
  • 猫六(曳舟) 

◇名誉賞
  • デリー(上野)
 

なお、私個人のノミネートさせたお店は以下の通りです。今回は「日本ならではのカレーを出しているお店」「現地の料理を出すことによる貢献をしているお店」「日本の食材との融合をはかっているお店」ということで選出しました。本当は色々挙げたいお店もありましたが、今回は基本、東京のお店から選出しました。

●新宿中村屋(新宿)
 その知名度の高さはもちろん純印度式カリーの発売やカレーパンの普及など、日本におけるカレー文化への貢献は大きい。
●ケララの風供並膺后
 店主である沼尻さんは南インド料理普及に長く尽力されており、そのために各地での食事会を行ってきた。また、その後オープンしたケララの風でのミールスはお代わり自由という現地スタイルで、南インド料理普及への影響がとても大きい。
●香菜軒(富士見台)
 早くから有機や無農薬などといった食材にこだわった料理を提供し、身体に良くて美味しいカレーを出すことによって女性客を取り込んだことによる。
●ボンディ(神保町)
 欧風カレー発祥ともいわれるお店であり、様々なお店が影響をうけている。カレールーにチーズが浮き、茹でたジャガイモが丸ごと付け合わせというのは当時衝撃でした。
●たんど〜る(沼袋)
 和素材とインド料理という異なるものを融合させていながら、美味しい料理を完成させているため。まさに「和魂印才」
●スパイスカフェ(押上)
 お店の造りはもちろん、前菜からデザートという構成でカレーをコース化したこと。また女性客等を取り込んだ点。
●ナイルレストラン(銀座)
 ムルギーランチの知名度の高さは抜群(有無を言わせずというのがあるけど…汗) また、主人が積極的にテレビに出ることによる影響力はとても大きい。
●アジャンタ(麹町)
 今のお店自体は色々問題もあるが、本格的なインド料理を早くから提供していたこと。また、こちら出身の日本人シェフが大勢おり、その方達がそれぞれに活躍をしているのを見るとその貢献度は高いと。
●デリー(上野)
   しゃばしゃばで辛い、カシミールカレーを世に送り出したこと。「カシミール」といったらこれしか思い浮かばないというのはすごい。またここから分かれたり、ここの影響を受けたと思われるお店が幾つもあること。
●すらさ(溝の口)
   長年にわたりスリランカ家庭料理にこだわっている。近年はメニューをオールベジにしてまでも自分の味を貫いているその姿勢は素晴らしい。

○新人賞
●チャミヤラキッチン(日暮里)
   インド、ガルワール地方の家庭料理のお店。普段から様々なサブジが出てくるお店はここくらいしかないのではと思う。

○名誉賞
●日比谷松本楼(日比谷)
   明治創業の老舗であり、ハイカラカレーは創業当時の味を今に伝えている。また年に一度行われる10円カレーは行列になる程有名であり、その認知度の高さはカレー文化への貢献度が高いため。

なお、選考会では選考員みんなが、夜遅くまで飲まず食わずでプレゼン&選考をおこなったことも明記しておきます。
選考メンバー全員がカレーに対する熱い思いを抱いていることが確認できて、かつ楽しく素晴らしい時間でした。

「ジャパニーズ カレーアワード2014」、12月30日発表!

  • 2014.12.26 Friday
  • 16:43



「JAPANESE CURRY AWARDOS 2014」が12月30日に発表されます。

これは「東京カリー番長」の水野仁輔さんが呼びかけをし、「CURRY DIARY(・x・)」のカレーブロガーUSHIZOさんとともに始動させたプロジェクトです。

メンバーは

水野仁輔さん
USHINOさん 「CURRY DIARY(・x・) 」
たあぼうさん 「お気に入りのカレー屋さん700
ヒロシさん 「Curry My Love! 」
エスニカンさん「◆毎日カレー◆と★タイ料理★
しまじろさん 「カレー401
ropefish 「カレー細胞
クンプーさん 「タイ料理広報担当☆クン・プーのタイ料理食べ歩きブログ&まいぺんらいタイ料理レシピ
ろなうどさん 「CURRIHOLIC!!
三吉さん 「三吉カレー日誌 〜あるいはカレーでいっぱいの海〜
ひろこさん 「東京無責任女の大冒険
ノリ 「うまいものは宵に食え」

といったカレー好きの面々で、恥ずかしながら私も末席を汚させて頂いてます。

さて、このアワードについて、水野さんが発行人をつとめるイートミー出版より引用にはこのように書かれています。

「美味しいカレーが食べたいと思ったとき、何を信じたらいいのかわからない時代です。
グルメ評論家のお勧めする店もあるし、みんなの採点や投票によるランキングもある。
店選びに正解はありません。
どれを選択しても、それなりの回答が得られます。
だとしたら、もっと様々な切り口によるカレーガイドがあっていいはずです。
カレー好きのカレー好きによるカレー好きのためのカレーガイド。
ということで、カレー偏愛家たちが一堂に会する場所を作って、
“Curry of the Year”を決めてみようかと思っています。」

ようはカレー好きな人達が集まり、商業目的や宣伝といったしがらみなしにオススメのお店をあげてみようということです。でもそれだけではなく、このアワードでは「カレーは文化である」との観点から「○○といった観点において、日本カレー文化に貢献した」ということを選考基準にもしています。

本年度のアワード発表は2014年12月30日午前0時に、各ブログにて行われる予定です、ぜひお楽しみに!

JUGEMテーマ:グルメ

マドラスミールス

  • 2014.10.13 Monday
  • 01:55
久しぶりに新丸子のマドラスミールスで夕食。最近は週末のビリヤニの時に行くくらいだったので、久しぶりにレギュラーメニューを食べに行ってきました。

4種類のチャトニ(トマトチャトニ、生姜のアチャール、グリーンチャトニ、ココナッツチャトニ)と魚のグリル南インド風
DSC_0423-1.jpg

マトンカレーとパロータ
DSC_0425.JPG

ナスとオクラのコランブ
DSC_0426.JPG

クルフィ
DSC_0428.JPG

チャトニはもちろん、どのお料理も美味しかったです。


「マドラスミールス」
住所:神奈川県川崎市中原区上丸子八幡町816 山本ビル1F
新丸子駅 徒歩5分
TEL:044-750-0438
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜22:00
定休日:火曜日

JUGEMテーマ:グルメ

ミレイ@蒲田

  • 2014.10.08 Wednesday
  • 18:45
蒲田のミレイで久しぶりに家族全員集合で晩ご飯を食べてきました。

お店は相変わらずの混雑ぶり、いつ来ても大人気ですね〜

今日はこんな感じ。
まずは海老の生春巻きから こちらには肉の生春巻きや魚の生春巻きもありますが、いつも海老の生春巻きを頼んでしまいます。

海老の生春巻き
DSC_0396.JPG

こちらはベトナム風水餃子、もちもちとした皮がたまりません。添えてあるベトナムソーセージがいいアクセントです。
ベトナム風水餃子
DSC_0399.JPG

いつも頼んでしまう海老のココナッツジュース蒸し 海老の身がほんのり甘くてそのままでもいけますがレモン塩のソースを付けると絶品!いくらでも食べられちゃいます。
海老のココナッツジュース蒸し
DSC_0398.JPG

こちらは貝の網焼き。塩レモンだれ&生姜だれ2種類のタレどちらもいけます。考えたらこれ初めて食べたかも。
貝の網焼き
DSC_0397.JPG

こちらはイカのカレー炒め、甘いけど辛みもしっかり効いたソースはフランスパンとよくあいます。
さすがにベトナム料理はフランスパンとの相性良いですよね。
イカのカレー炒め
DSC_0402.JPG

デザートはベトナム風おしるこ イモ餡のお団子に生姜が効いていてこれまた美味しい!
ベトナム風おしるこ
DSC_0404.JPG

どのお料理も相変わらずの美味しさでした!これで予約が取りやすかった言うことないですが…(^0^;)


「ミ・レイ」
住所:東京都大田区蒲田5-1-4 関根ビル2F
   JR蒲田駅東口より徒歩3分
TEL:03-3732-3185
営業時間:火〜金17:00〜23:00 土・日・祝17:00〜22:00
定休日:月曜日


JUGEMテーマ:グルメ

ヒマラヤ@池上

  • 2014.10.06 Monday
  • 19:34
池上にある「ネパール薬膳&家庭料理 ヒマラヤ」で晩ご飯を食べてきました。
都内には沢山のインド料理屋がありますが、多くはネパール人がやっているお店。しかもスタッフも飲食経験が無かったりする場合も多々有ったります。なので味も言わずもがな…インド料理の看板を掲げないとお客さんが来なかったりと事情はあるのでしょうが…

そんな中、こちらは「ヒマラヤ」さんはネパール薬膳&家庭料理をメインにしている珍しいお店。身体に良いお料理をみんなに食べてもらいたいとオーナーのヘマさんが出されたお店です。ヘマさんはグルン族の方で、ダルバートはもちろん、スクティやサデコ、ディロやチウラまで様々なネパールの料理を出してくれます。

まずはネパール版焼酎とでもいうべきロキシーで乾杯!
ロキシー

DSC_0483.JPG

お店のオリジナル、ネパール風春巻き 中身はアルダムに挽肉を加えたもの。コロッケのようにも思えますがスパイスが効いていて美味しい。添えてあるチャットニも美味しい。
ネパール風春巻き
DSC_0484.JPG

胡瓜ニンジン大根のアチャール、そのまま食べてもいいし、ご飯にもよくあいます。
ミックスアチャール
DSC_0487.JPG

この日はダサインだったので、ミックスゲダグティを出してくれました。
ミックスゲダグティ
DSC_0488.JPG

こちらはトマト味の豆腐煮込み、優しい味で良い感じです。
ネパール風豆腐煮込み
DSC_0490.JPG

マトンと野菜の和え物。タマネギが良い味出しています。
マトンチョイラ
DSC_0491.JPG

ネパールのお好み焼きとでもいうべきバラ、豆の粉でつくります。
本来はネワール族の料理ですが、他の族の人達も食べているようです。
バラ
DSC_0493.JPG

ラスマライをヨーグルトに浮かべたもの。ヨーグルトの酸味があま〜いラスマライによくあいます。
ラスマライ
DSC_0494.JPG

どれも美味しいお料理でした。こちらのお店はベジタリアンメニューもありますし、ビーガンにも対応してくれるそうです。
都内でも貴重なネパール家庭料理のお店、もっと注目されていいと思います!お近くにお寄りの際にはぜひ行かれて見て下さい。

「ネパール薬膳&家庭料理 ヒマラヤ」

住 所:東京都大田区池上5-11-9
   東急池上線池上駅徒歩5分

TEL :03-6410-6668
営業時間11:30〜15:00、17:00〜23:00
定休日:水曜日


JUGEMテーマ:グルメ

友人達と中華!

  • 2014.09.28 Sunday
  • 20:53
昨日は友人達と「松花江」で中華料理
今回も色々お願いしてだしてもらいました。

まずは前菜から
海蟹皮(クラゲと大根の酢の物)  
DSC_0444.JPG















大根が良いアクセントになっています。

雲白肉(ウンパイロウ)
DSC_0445.JPG
               










ちゃんと作ると手間がかかるので出してくれるお店は少ないです。
あっても豚の薄切り肉を使った即席バージョンが多い中、こちら
はちゃんとした作り方のもの。

豚耳の特製ソースがけ
DSC_0446.JPG
これは特製ソース(調味料?)が肝です。この調味料は作るのが大変だそう…
ビールによくあいます!

キヌガサタケと蟹肉のスープ
DSC_0447.JPG
キノコの女王といわれるキヌガサタケと蟹肉がたっぷり入ってます。

特製肉団子
DSC_0448.JPG
甘酢にすることが多い肉団子ですが、これはそのままいただくもの。
シンプルな塩味ですが、肉汁たっぷりで中は絶妙な柔らかさで、これまた
ビールによくあいます。

イカと茄子の豆鼓炒め
DSC_0449.JPG
少し歯ごたえのあるイカとトロトロの茄子、2つの食感が楽しめました。

伊勢エビと蓮根の辛し炒め
DSC_0450.JPG
素揚げにした大きな伊勢エビが入ってます。唐辛子の香ばしさと軽い酸味が絶妙です。

ツブ貝の塩味炒め
DSC_0451.JPG
シンプルな塩味炒めですが、貝の甘みが引き出されていて美味しかった〜

挽肉と野菜のクレープ包み
DSC_0454.JPG
肉と野菜がたっぷり入っているのに食べると軽い感じでぺろっといけちゃいます。

特製麻婆豆腐
DSC_0452.JPG
自家製豆板醤を使ったもの。普通の豆板醤よりコクがあり、最初はうま味がきてその後に
辛さが来ます。ご飯によくあいました。

豆腐干糸の煮込み
DSC_0455.JPG
前菜で出ることの多い豆腐干糸ですが、今回は干し貝柱のうまみたっぷりの
煮込みでした。沢山の胡椒と香菜が良いアクセントになっています。

杏仁豆腐
DSC_0453.JPG
〆は杏仁豆腐、シロップのない軽い仕立てなので満腹でも不思議と食べられます。

こうやって見ると食べに食べたり、その数なんと12品!
ほんとに美味しかった、ご馳走様でした。
 
JUGEMテーマ:グルメ

家でシンガポールチキンライス

  • 2014.09.26 Friday
  • 18:36

久しぶりにシンガポールチキンライスを食べたくなったので、夕食に作ってみました。
これだけでご飯におかず&スープと揃っていますからそれだけでも充分なのですが、
買い物に行ったら空心菜の安売りを発見!こちらは炒め物にしてみました。

空心菜の炒め物


今回はオイスターソースベースで揚げネギと白胡椒をアクセントに散らしてます。
味は良かったんですが見た目が地味ですね、赤唐辛子かパプリカでも入れれば良かった…


シンガポールチキンライス


鶏モモ肉を柔らかく仕上げるのと、お米を炊く前に生姜たっぷり加えた鶏油で炒めるのがポイントです。
鶏油は市販品もありますが、鶏皮から簡単に作れるし、買った物より全然美味しいですよ。鶏肉は茹で
すぎると固くてぱさぱさになってしまうので、一度沸騰したら火を止めて余熱で火入れするのがコツです。
鶏肉が茹で上がったら、良く冷やしてゼラチン質がプリプリした感じに仕上げて下さいね。

ソースは生姜ソースチリソースダークソイソースの3種類で。
チリソースはライムとチキンスープ多めにレシピを変えてみましたがこの方が良い感じ。老抽王がそろそろ
無くなってしまうので、どなたかシンガポールに行かれるかたおられたらぜひ買ってきて欲しいなぁ。

そしてデザートにはシフォンケーキ。今回は砂糖を使わずに蜂蜜だけで作ってみましたが、食べてみると、
なぜかスポンジケーキの味に(^^ゞ たっぷりの生クリームを付けるとショートケーキみたいです。味は
良かったけど、このルセットはまだ改良の余地ありだな…

蜂蜜シフォンケーキ

JUGEMテーマ:グルメ

ケララの風兇妊漾璽襯后ビリヤニ

  • 2014.09.25 Thursday
  • 13:54

しばらく前のことですが…

遠方から友人が遊びにきていたので、一緒にケララの風へランチを食べに。

いつものミールス。これが1,100円でしかもお代わり自由だなんて、沼尻さん太っ腹すぎます!
トマトのパチャディアヴィヤルが特に美味しかったなぁ。

そしてちょうどこの日は日曜日だったので限定のチキンビリヤニも。

マラバール地方のチキンビリヤニ。骨付きの鶏がゴロゴロ入ってます。
これは沼尻さんがインドの結婚式に呼ばれた折に、向こうで作り方を教わったものだそう。

サイドメニューのフィッシュフライ

スパイシーで香ばしい衣にふんわりとした魚の身が包まれてます。

どれも美味しかった〜!
Check

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM