家でシンガポールチキンライス

  • 2014.09.26 Friday
  • 18:36

久しぶりにシンガポールチキンライスを食べたくなったので、夕食に作ってみました。
これだけでご飯におかず&スープと揃っていますからそれだけでも充分なのですが、
買い物に行ったら空心菜の安売りを発見!こちらは炒め物にしてみました。

空心菜の炒め物


今回はオイスターソースベースで揚げネギと白胡椒をアクセントに散らしてます。
味は良かったんですが見た目が地味ですね、赤唐辛子かパプリカでも入れれば良かった…


シンガポールチキンライス


鶏モモ肉を柔らかく仕上げるのと、お米を炊く前に生姜たっぷり加えた鶏油で炒めるのがポイントです。
鶏油は市販品もありますが、鶏皮から簡単に作れるし、買った物より全然美味しいですよ。鶏肉は茹で
すぎると固くてぱさぱさになってしまうので、一度沸騰したら火を止めて余熱で火入れするのがコツです。
鶏肉が茹で上がったら、良く冷やしてゼラチン質がプリプリした感じに仕上げて下さいね。

ソースは生姜ソースチリソースダークソイソースの3種類で。
チリソースはライムとチキンスープ多めにレシピを変えてみましたがこの方が良い感じ。老抽王がそろそろ
無くなってしまうので、どなたかシンガポールに行かれるかたおられたらぜひ買ってきて欲しいなぁ。

そしてデザートにはシフォンケーキ。今回は砂糖を使わずに蜂蜜だけで作ってみましたが、食べてみると、
なぜかスポンジケーキの味に(^^ゞ たっぷりの生クリームを付けるとショートケーキみたいです。味は
良かったけど、このルセットはまだ改良の余地ありだな…

蜂蜜シフォンケーキ

JUGEMテーマ:グルメ

リベンジ@sonjinのホットケーキ

  • 2008.04.28 Monday
  • 18:32
前回作ったsonjinのホットケーキが失敗に終わったのでwリベンジしてみました。

前回とレシピも変え、型の間にペーパーを入れて焼き色が側面に付かないように等々…
その結果できあがったのがこちら

最初の火加減が強かったせいか表面が焦げちまいいました(>_<)
ココットと比べてもらうと分かりますが、一応厚さ5センチを超えていい感じになったんですけど、いかんせんこの焦げじゃぁねw

断面はこんな感じ

若干、中心に隙間が出来てますが食感はだいぶしっとりしていい感じになってきました。
生地の感じも含めてだいぶ本物に近づいてきた気がしますがどんなもんでしょ?
いい加減次回は完成させたいなぁ…(つ〜か、作るのはいいんですが食べること考えるとたま〜〜にしか出来ないのが難点ですよねぇ、これ(^^ゞ)

ということで次回完結?するのかなぁww

ホットケーキ@ウチ

  • 2008.04.17 Thursday
  • 17:09
かりんさんのところで見たソンジンの厚いホットケーキが気になったのでとりあえず作ってみました。



ところが…
いまいちふくらみが足りません…4センチまでしか上がらず。しかもソンジンのはしっとりしたタイプらしいのですがちょっとしっとり感が不足気味。

今回はとりあえずメレンゲを作って生地に加えたのですが生地の断面も感じがちがいますねぇ。ソンジンのは気泡がない感じ、ううむどうやっているんでしょう?
しっとり感はヨーグルトでもだせますが膨らまなくなるしなぁ…もうちょっと試行錯誤してみますw


ビリヤニ@ウチw

  • 2008.04.09 Wednesday
  • 09:46
急におもいたって家でビリヤニをつくってみました。
最初はお手軽に炒めて作ろうかとも思ったんですが、せっかくなのでちゃんとした?方法で作ることにしました。といっても物凄く行程は面倒なのですが。

まずはカレーを作りました。この前たまたま手に入れたハラルな骨付きマトンがあったのでそれでカレーをつくります。肉に玉ねぎ、香味野菜、スパイスなんぞを加えて煮こんでできあがり。これだけでも充分に美味そうなのができましたが、今回はまだ第一行程でしかないんですf(^ー^;

で、カレーを煮こんである間にご飯も茹でましょう。お米はもちろんバスマティです。
お湯にスパイスと塩を入れてお米を茹でてからお湯をきって出来上がりです。

で、いよいよこの2つを合わせてゆきます。
鍋にカレーをいれて、その上にご飯を敷き詰め、ハーブを散らします。(今回は贅沢にもサフランも加えちゃいました)その上にまたカレーを敷いてご飯を重ね…ってのを繰り返してゆきます。
敷き終わったら蓋をして小麦粉を水で練ったもので隙間なく目張りします。

目張りできたら蓋に重しを乗せてガス台にのせて中弱火で25分程火を入れてきます。鍋は蓋が重いティファールにしましたw
           ↑じゃなくてルクルーゼですf(^ー^;

炊きあがりはこんな感じ

蓋を開けた瞬間にいい香りが立ちこめます。目張りの威力ですねぇ(*^_^*)

お皿に盛るとこんな感じ

重ねて炊いてるので色が均一ではなく濃いところ薄いところがちゃんと出来てるでしょ?

もちろんライタも作ってみました。

ヨーグルトに角切りの野菜を加えてスパイスを振ったもの。ビリヤニにはかかせません。

自分で云うのもなんですがちゃんと作ったビリヤニはおいしいですねぇ。ただこの手間を考えると…お店で食べた方がいいかもとも思ったりw
それから普通のお米もそうですが量は多めで作った方がより美味しくなると思います。最低3合は欲しいかなぁ、作った感じからすると。あまり量が少ないと味が足りなかったり焦げたりするもとになると思います。

まあ、自分で作るのはなかなか大変ですが、蓋を開けた時の至福の香りを考えると作る価値は充分にあと思いますよ。もちろん味もいいですしね。時間に余裕があるかたはぜひお試しを!ww

シンガポールチキンライス@家

  • 2008.03.27 Thursday
  • 23:46
急にシンガポールチキンライスが食べたくなったので久々に家で作ってみました。

まずはお鍋にたっぷりのお湯を沸かし、そこに葱の青いところ、にんにく、しょうが鶏肉を加え茹でます。ちなみに鶏肉を入れたら沸騰しない程度の火加減を保ってくださいね。時間は鶏の大きさにもよるけれど20〜30分ってところでしょうか?鶏が茹で上がったら冷水で冷やします。鶏肉を茹でたお湯はエキスがでて美味しいスープになってますから一度漉しておくといいです。
って肝心の写真取り忘れました(^_^;

次にご飯に入りましょう。鍋に油を入れ(あれば鶏油がオススメ、ひと味変わります。鶏油は鶏皮を加熱すると出てくる黄色い油で自分で作れますよ)、しょうが、にんにくを入れて香りが出るまでよく炒めます


香りが出てきたら香り米(ジャスミンライス)を加え、米が透き通るまで炒めます。米が透き通ってきたら先ほどの鶏を茹でたスープと塩を加えて炊飯器で炊きあげます。


ご飯が炊きあがるまでにタレを作りましょう。今回はジンジャーソースとチリソース、フィナデニの3種類にしてみました。

ジンジャーソースはネギ油に生姜のすり下ろしたものを加えて塩で味付けしたもの。少し先ほどのスープでのばしてもいいですよ。
チリソースは市販のチリソースをスープでのばしてレモンをちょっと加えてできあがり。
フィナデニは醤油とレモン、酢少々を混ぜた中にタマネギのみじん切りと唐辛子を加えてできあがり。ほんとはフィナデニじゃなくてたまり醤油っぽいダークソースなんですがあれあんまり好きじゃないので…

この間に残ったスープは塩こしょう等で味付けして具を足しておきましょう。
ご飯が炊けたら器にお米をもって、茹でた鶏肉をスライスして添えます。トマト、キュウリ、香菜を添えるとそれっぽいかも。


タレとスープも添えて完成!


現地っぽくレンゲにご飯、鶏肉、タレ、香菜を乗せて食べてもいいし、全部を混ぜ混ぜしてかっ込んでもいいですよ〜

ローストビーフ@実家のつづき

  • 2008.02.22 Friday
  • 22:32
集まりとはいえ、ローストビーフだけでは足りませんから他にも色々と用意してみました。

オードブル
スモークサーモン


こっからなぜか和のメニューがw
新蓮根のサラダ
花豆、じゃこ、塩昆布、いくらの醤油漬け等々ご飯のお供数種
日本人ですからねぇ、〆はご飯がいいようですf(^ー^;

頂いたケーキ
やっぱり大勢で食べるご飯は楽しいですね〜 次回はポットラックパーティーなんかもいいなぁ。

ローストビーフ@実家

  • 2008.02.22 Friday
  • 01:27
JUGEMテーマ:グルメ

実家でちょっとした集まりがあり、なぜかローストビーフを焼くことになってしまいました。しかも少々人数が多いので肉も多めの3キロ超!ですよf(^ー^;

焼く前のお肉

こんなのが2かたまりもw

型くずれ防止のひもをまいて

塩こしょう、少々のローズマリーをすり込んでおきます

まずはオーブンを260℃にして15〜20分ほど焼きます。

焼き上がるとこんな感じ

玉ねぎやセロリ等々沢山の香味野菜といっしょにオーブンへ


野菜で覆うようにしたら160℃で45分程度焼きます。
金串を刺して抜いたらすぐに唇に当てて温度を…とかいいますが難しいので食品温度計を刺してちゃんとはかりましたw

肉が焼けたら取り出し、オーブン皿に残った香味野菜に赤ワインを振り掛けて、こびり付いた(旨みの凝縮されてる)肉汁を剥がすようにして野菜ごと鍋に移して火にかけます。
煮えたら野菜を漉し、コンソメと塩こしょうを加え、そこに水溶きコーンスターチを加えたら出来上がり。

するとこんなグレービーが出来ちゃいます


お肉は完全に冷めるまでホイルで包んでおいておきます。

もし熱いうちに切っちゃうとせっかくの肉汁が流れてまずくなっちゃいますから注意!



一晩置いたお肉

冷めると肉汁がホイル内に溜まるので、それを先ほどのグレービーにくわえます。

薄く切って添え物の野菜と一緒に盛りつけたら完成

好みでグレービーとホースラディッシュを添えてどうぞ!

詳細は改めて!

おうちでインド料理

  • 2008.02.19 Tuesday
  • 22:36
JUGEMテーマ:グルメ


蒲田のインドバザールさんでこんなものを仕入れてきました。

ベルプリ&セブプリのもと

ふくろの中にはライスパフブジヤチャットニーまで入っています。

完成するとこんな感じ

玉ねぎのみじん切りやトマト、青唐辛子、ポテト、コリアンダーなどをたっぷり混ぜて。

さすがにこれだけではご飯には足りません。せっかくなので他にも作ってみました。

アルポリヤル

新じゃがが出ていたので作ってみました。もっとジャガイモが小さくてもよかったかもw

チャナマサラ

ほんとはちゃんと豆を一晩かけてもどせばいいのですが、時間がないので水煮缶で
作りました。ちゃんと豆を戻して作ると抜群に美味しいですから時間のある方はぜひどうぞ。

チャパティ


そろそろカレーが恋しいのですが、忙しくてなかなか食べに行けないので家で作ってみました。しかし軽食といいつつお腹に溜まるんですよね、ティファンってf(^ー^;

鯛のかぶと焼き&アワビのステーキ

  • 2007.11.06 Tuesday
  • 22:05
知り合いの方が天然の真鯛とアワビを送ってきてくれました。

身はお刺身にして美味しく頂きましたが、りっぱなかぶとが残っています。
ということでカマと一緒に塩焼きに。

いや〜やっぱり炭火で焼くと中がふんわりして美味いですねぇ!家族であっというまに完食しました。

こちらは頂いた生のアワビ

何にしようかさんざん迷ったのですが今回はステーキにすることに。
まずは綺麗に洗ってからばらし、肝は茹でてから漉して、そこにバター等を加えてペースト状にしてみました。

完成したアワビのステーキ


今回はバターに醤油という日本人大好きな味で仕上げてみました。
生だと堅いアワビも火を通すと柔らかくなり食べやすくなります。しかも旨みが凝縮されている気がして、私はこちらの方が好きですね。

いや〜美味しい魚介類を食べると、ほんと日本に生まれて良かったなぁと思いますw

ささみチーズフライ2種類

  • 2007.10.28 Sunday
  • 23:08
ささみのチーズフライを作ってみました。
今回は一手間掛けて味を2種類にしてみました。

材料は、鶏のささみ、シソ、ジャークシーズニング、チーズ、塩、コショウ、小麦粉、卵、パン粉

作り方は
鶏ささみ切り目を入れて開き、軽く叩いて伸ばし、塩コショウをしておきます。
開いたささみの半分はライムかレモンを塗り、その後ジャークシーズニングに1時間程漬け込んでおきます。

残り半分の鶏ささみに大葉をしき、チーズを乗せたらチーズが真ん中にくるように筒状に巻きます。
ジャークシーズニングに漬け込んだものはチーズを乗せ先と同じように巻きます。
それぞれ巻いた鶏ささみに小麦粉、卵、パン粉の順番で衣をつけて180℃の油で揚げれば完成。出来上がりはこんな感じです。

ささみのチーズフライ

揚げ物なのでキャベツとニンジンの千切りを添えて(胃もたれを防いでくれますよ〜)
お好みでレモンを搾ったり、ソースやケチャップをかけて下さいな。

ジャークソースにチーズが想像以上にマッチしてくれました。今回はフライでしたが揚げ焼きやオーブンでパン粉焼きにしてもあうかも。


ご飯とおみそ汁を添えてみました。

ささみのチーズフライって簡単に出来るわりに美味しいんですよねw お弁当のおかずにもいいですよ。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM