Japanese Curry Awards 2014発表!

  • 2014.12.30 Tuesday
  • 01:23
JUGEMテーマ:グルメ
 


前回のエントリーでも書きましたが、この『Japanese Curry Awards』は「カレーは文化である」との観点から「○○といった観点において、日本カレー文化に貢献した」ということを選考基準に以下の11名にて決めたものです。

 USHIZOさん (CURRY DIARY(・x・)
 エスニカンさん(◆毎日カレー◆と★タイ料理★
 ropefishさん (カレー細胞
 たあぼうさん (お気に入りのカレー屋さん700
 ヒロシさん  (Curry My Love!)
 ろなうどさん (CURRIHOLIC!!
 三吉さん   (三吉カレー日誌 〜あるいはカレーでいっぱいの海〜
 クンプーさん (タイ料理ライタークン・プーのタイ料理食べ歩きブログ&まいぺんらいタイ料理レシピ
 ひろこさん  (東京無責任女の大冒険
 しまじろさん (カレー401
 ノリ     (うまいものは宵に食え

アワードを受賞するお店が10店舗、それ以外に2013〜14年にオープンしたお店対象の「新人賞」、長年にわたる日本カレーへ
の功績に対する「名誉賞」の計12店舗を選出いたしました。

それでは栄えある第一回『Japanese Curry Awards』の発表です!

 
◇Japanese Curry Awards 2014受賞店
 
  • アサノ(町田)
  • かれーやうえの(鷺ノ宮)
  • エリックサウス(東京駅)
  • オクシモロン(鎌倉)
  • カラピンチャ(神戸王子公園)
  • ガラムマサラ(経堂)
  • GHEE(明治神宮前)
  • シャー・トムヤムクン・ポーチャナー(上野)
  • トマト(荻窪)
  • カフェハイチ(新宿)

◇新人賞
  • 猫六(曳舟) 

◇名誉賞
  • デリー(上野)
 

なお、私個人のノミネートさせたお店は以下の通りです。今回は「日本ならではのカレーを出しているお店」「現地の料理を出すことによる貢献をしているお店」「日本の食材との融合をはかっているお店」ということで選出しました。本当は色々挙げたいお店もありましたが、今回は基本、東京のお店から選出しました。

●新宿中村屋(新宿)
 その知名度の高さはもちろん純印度式カリーの発売やカレーパンの普及など、日本におけるカレー文化への貢献は大きい。
●ケララの風供並膺后
 店主である沼尻さんは南インド料理普及に長く尽力されており、そのために各地での食事会を行ってきた。また、その後オープンしたケララの風でのミールスはお代わり自由という現地スタイルで、南インド料理普及への影響がとても大きい。
●香菜軒(富士見台)
 早くから有機や無農薬などといった食材にこだわった料理を提供し、身体に良くて美味しいカレーを出すことによって女性客を取り込んだことによる。
●ボンディ(神保町)
 欧風カレー発祥ともいわれるお店であり、様々なお店が影響をうけている。カレールーにチーズが浮き、茹でたジャガイモが丸ごと付け合わせというのは当時衝撃でした。
●たんど〜る(沼袋)
 和素材とインド料理という異なるものを融合させていながら、美味しい料理を完成させているため。まさに「和魂印才」
●スパイスカフェ(押上)
 お店の造りはもちろん、前菜からデザートという構成でカレーをコース化したこと。また女性客等を取り込んだ点。
●ナイルレストラン(銀座)
 ムルギーランチの知名度の高さは抜群(有無を言わせずというのがあるけど…汗) また、主人が積極的にテレビに出ることによる影響力はとても大きい。
●アジャンタ(麹町)
 今のお店自体は色々問題もあるが、本格的なインド料理を早くから提供していたこと。また、こちら出身の日本人シェフが大勢おり、その方達がそれぞれに活躍をしているのを見るとその貢献度は高いと。
●デリー(上野)
   しゃばしゃばで辛い、カシミールカレーを世に送り出したこと。「カシミール」といったらこれしか思い浮かばないというのはすごい。またここから分かれたり、ここの影響を受けたと思われるお店が幾つもあること。
●すらさ(溝の口)
   長年にわたりスリランカ家庭料理にこだわっている。近年はメニューをオールベジにしてまでも自分の味を貫いているその姿勢は素晴らしい。

○新人賞
●チャミヤラキッチン(日暮里)
   インド、ガルワール地方の家庭料理のお店。普段から様々なサブジが出てくるお店はここくらいしかないのではと思う。

○名誉賞
●日比谷松本楼(日比谷)
   明治創業の老舗であり、ハイカラカレーは創業当時の味を今に伝えている。また年に一度行われる10円カレーは行列になる程有名であり、その認知度の高さはカレー文化への貢献度が高いため。

なお、選考会では選考員みんなが、夜遅くまで飲まず食わずでプレゼン&選考をおこなったことも明記しておきます。
選考メンバー全員がカレーに対する熱い思いを抱いていることが確認できて、かつ楽しく素晴らしい時間でした。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM