Japanese Curry Awards 2015ノミネート

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 00:00
昨年からはじまった Japanese Curry Awards 本年もいよいよ選考の時期となりました。

・Japanese Curry Awardsについてはこちらの記事をご覧下さい。
・2014年のAwardsはこちらをご覧下さい。

審査基準は昨年と同じく「日本のカレー文化に貢献した店」で、年内にアワードを発表致します。

選考委員は今回からあらたに東京から1名、関西から4名のカレーブロガーさんにも参加していただき、総勢14名となりました。
選考委員は以下の方々です。

  USHIZOさん ( CURRY DIARY(・x・) )
  エスニカンさん ( ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ )
  ropefishさん ( カレー細胞 )
  たあぼうさん ( お気に入りのカレー屋さん700 )
  ろなうどさん ( CURRIHOLIC!! )
  三吉さん ( 三吉カレー日誌 〜あるいはカレーでいっぱいの海〜 )
  ひろこさん ( 東京無責任女の大冒険 )
  しまじろさん ( カレー401 )
  K1郎さん ( うまから手帖◆旨辛エスニックで行こう! )
  TAKさん ( かれおた -curry maniacx- )
  みつおさん( Bicycle & Ethnic 2

  三嶋達也さん (『口癖はカレー』
  ノムコさん( NOMCO CURRY MAP
  ノリ ( うまいものは宵に食え )

私のノミネート店は以下の通りです。今回も「日本ならではのカレーを出しているお店」「現地の料理を出すことでカレー文化の普及に貢献しているお店」を基準に選出しました。
今回も関東のお店から選出しました。


◇名誉賞……新宿中村屋
ラス・ビハリ・ボース氏への敬意をこめて。カレー粉ではなくスパイスを使うスタイルの始まりであり、昭和の初めにインドカリーを出したというのは日本のカレー文化を作った一翼を担っていたのではないだろうか。

◇新人賞……インド亜大陸食堂 Kalpasi(カルパシ)
コメジルシという日本酒BARの間借り営業だが、その実力は折り紙付き。週替わりで提供される様々なインド亜大陸のお料理は一つ一つ丁寧に作られており、デザートにいたるまでどれも美味しい。サラリーマンを辞めてまでお店を始めたオーナーの本気度満開のお店。

◇アワード店

ケララの風

オーナーの沼尻氏は長く南インド料理の普及に努めてこられた方。インド人のお客さん多く、週末は行列になっている。日本人のお客さんで、インド人からエアインディアの機内で日本に行ったらここでミールスを食べるように勧められたという冗談みたいな話しも聞いた。ミールスを本場と同じくお代わり自由で出しているのはこちらだけではないだろうか?

チャミヤラキッチン
ガンガーの源流があるネパールとの国境近くガルワール地方の料理が頂けるお店。豆料理もよくあるものと異なり山岳地方の珍しいもの。他にも屋台料理やサブジなど一風変わった料理が多くしかも美味しい。毎日食べても飽きない、食べやすくて美味しいお店。

スパイスツリー
オーナーはデリー出身らしいが、デリーのテイストではなくインド料理をベースに独自の色を出している。カレーは定番のメニューはもちろん、場所柄か魚カレーもおいしい。日替わりトッピング炒めものや和え物もおすすめ。あっという間に地元客も多く行列の絶えないお店に。

タカリバンチャ
日本では珍しいタカリ族のお店。よくあるネパール料理とはひと味違う料理のオンパレード。脳みそとタンの炒め物ギディジブロブデコはぜひ食べて欲しい1品。オーナーが積極的にイベントを行っており、その際には普段は食べられないような変わった料理が出てくるのも楽しい。

いっぺこっぺ
カツカレーのお店であるが、こちらのカツカレー、本当のところ主役はカツである。なので取り上げるのを一瞬迷ったお店。しかしながらカレーはスパイスがきいており、カツとのマッチングはいいと思う。蒲田の行列店「とんかつ檍」のカツを食べることのできるお店で、檍ほど行列していないのも嬉しい。

スパイス(幡ヶ谷)
古き良き日本のカレー。最近ではあまり見かけなくなったステンレス製の器に山盛りのご飯、そしてとろっとしたルーがたっぷりとかかっており、見ただけで食欲がわいてくる感じ。辛口のチキン、中辛のビーフ、甘口のポークの3種類はルーも異なっており、合い掛けにすると2種類が楽しめるのも嬉しい。サラダは別で頼むとフルーツが載った懐かしい感じのものが出てくる。ご主人と奥さまの人柄も相まって定期的に通いたくなるお店。

プルジャダイニング
池袋にあった「味家」のプルジャさんが再来日してオープンしたお店。ダルバート(ダルバット)はもちろん、アチャールやタルカリ、チウラにディドとどれも美味しい。ネパールの家庭の味が満載です。

すらさ
スリランカの草分け的お店の一つ、溝の口駅から少し離れた処にあるのに十年以上続けているのは凄いと思う。一時期完全にベジタブルに変更したけれど最近またもとの形にもどったので、美味しい魚カレーを食べることが出来るように!そしてポルサンボルもうま味たっぷりに戻ったのはとても嬉しい!

カラチの空
八潮にある日本では数少ないパキスタン料理の専門店、通常メニューではなく、ホワイトボードにウルドゥ語で書かれたメニューを選ぶべき。マトンカラヒやネハーリ、ハリームなんかが普段からあるお店は少ないです。ナンはゴールナンにしてもらうとパキンスタン色が一層強まるのでぜひ。

インド食堂アンジュナ
高幡不動という都心からは少々離れた場所にあるにもかかわらずの人気店。店主の藤井さんは「アジャンタ」出身でアジャンタの味を受け継ぎ進化させたお料理を味わえます。ピクルスや焼き物なども美味しくお酒にも合う味。マトンカレーが有名ですが野菜や豆のカレーが個人的にはツボでした。


今年はどのお店がアワードに輝くのかご期待下さい!

JUGEMテーマ:グルメ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM