Japanese Curry Awards 2018受賞店の発表!!

  • 2018.12.28 Friday
  • 23:53

今年もいよいよJapanese Curry Awards 2018受賞店の発表となりました。

 

 

 

この『Japanese Curry Awards』は「カレーは文化である」との観点から「○○といった観点において、日本カレー文化に貢献した」ということを選考基準に決めたものです。

 

 

アワードを受賞するお店が10店舗、それ以外にここ一年でオープンしたお店が対象の「新人賞」、長年にわたる日本カレーへ
の功績に対する「名誉賞」の計12店舗を選出いたしました。

それでは第5回『Japanese Curry Awards』の発表です!

 
◇Japanese Curry Awards 2018受賞店

◇メインアワード

 

▼anonymous(大阪・心斎橋) /  ポンガラカレー(大阪・梅田 他)

 

2018年には「ポンガラカレー」を東京にいきなり2店展開、月曜だけの実験的カレー「カレーフォニケーション」など、カレー界に刺激を与え続ける黒田健氏。

その縦横無尽振りはもはや、大阪カレーの台風の目というより、日本カレー界の台風の目とよんでいいでしょう。

そんな黒田氏の根城、それがこの「anonymous」。

何者でもないが故、何者でもなれる、そんな暗示も感じさせる店名です。

(カレー細胞)

 

多岐に渡られて色んな形態でカレー活動をされており、スリランカ料理をかなりポピュラーな位置に押し上げられた功績は誰もが認めるところです。

割と簡単にスリランカテイストを取り入れられるお店は多いですが、黒田さんは筋金入りですし、スリランカ人シェフ越えされてる数少ない日本人かと思います。

スリランカの混ぜて食べるスタイルをカレースタンド形式の店舗展開で、ごく一般的な食事として広めておられ、東京進出も果たされましたので、今後もますますの活躍が期待されます。

(三嶋達也)


 

▼エチオピア(東京・神保町 他)

 

欧風カレーが全盛だった30年前、当時としては非常に尖ったスパイス使いで登場して、非常にインパクトがあった。その魅力はスパイスカレー時代の今でも色褪せないと思う。

(K1郎)

 

当初はカレーとコーヒーの専門店として始まり、今やカレー激戦区の神保町でも知らない人はいない程の有名店へ。クローブ・カルダモンが香るスパイスの冥加と辛さ段階70倍がエチオピアの醍醐味。散々食べ歩いてもエチオピアに戻る。リピーターが後を絶たない魅惑の中毒性。

(しまじろ)


 

▼カレーハウス 11イマサ(東京・新宿)

 

1964年創業。

新宿駅は1日平均乗降者数は約347万人(2016年)と世界一(ギネス世界記録認定)多い駅ですが、イマサは待たずにいただけます。

毎日営業していて、回転の速さを考えると世界一カレーを提供しているお店かもしれません。

カウンターカレー店ながら、カレーソースは常時6種類と豊富で飽きません。

来年で55周年を迎える、新宿西口のカレーの歴史を語る上で外せないお店です。

(USHIZO)

 

▼クスム本場家庭料理(神戸・三宮)

 

ヴェジタリアンターリーだけのインド料理屋&スパイスショップ。

「クスム本場家庭料理」のターリーはインドのお母さんが作ってて、ピュアヴェジタリアン仕様で、お代わり自由。

同経営のI.P.S.はスパイスショップとしては老舗で、三十数年前とあるマンションの一室で開業。初めて行った時は「こんな所に店あるの?」と不安だったが、マンションのエレベーターのドアが開くとすでにスパイスの香りで満ちてて安心。当時は床にスパイスが入った麻袋が並んでて、そこから希望のスパイスをすくって袋詰めしてくれるスタイルで、なかなかコアな店だった。

このように、神戸で「本当のインド」を教えてくれている店。

(K1郎)

 

日本で唯一といえるインド人主婦による家庭料理がいただける店として非常に貴重であり、日本人の作り手に対する影響度も高いと思う。一時期、全国放送のバラエティ番組に取り上げられるなど、色物的な人気を博したこともあったが、2011年11月に店舗(というかマンションの1室)火災による閉店後、近隣にて復活したもののオーナー死去などもあったが、昨今は経営体制も立て直されてきている。

(みつお)


 

▼海月が雲になる日(石川・金沢)

 

コースでいただくフュージョンタイ料理。石川ならではの、食材(魚介など)のうまみが存分に活きるお店。

海月のようにゆったりとくつろいでほしいという店主の思いが詰まった料理や内装、パフォーマンスは、

食/異国文化がいかに尊く、わくわくするものだということを教えてくれる。

(さと2)


 

▼大衆中遊華食堂 八戒(大阪・東大阪 長瀬)

 

「中華とカレーの融合、そのトップランナー」

中華とカレー、いずれも日本人にとって子供の頃からあまりに親しみ深い食ジャンル。

それ故カレーはカレー、中華は中華と、アタマで区分けされてきました。

が、近年、この二大ジャンルの自由な融合が始まっています。

その旗手といってよいのがこのお店。

両ジャンルのアウフヘーベンによる圧倒的な説得力で、ネタに終わらない可能性を感じさせてくれます。

(カレー細胞)

 

大阪の地でまだまだ発展途上の「中華カレー」を引っ張っている第一人者。

今大阪で最も目が離せない、他ジャンルからのカレー発信店。

(TAK)


 

▼チャイハナ海花(大分・豊後高田市)

 

インドのスパイス料理をそのまま真似て提供するのではなく、日本の風土・食材・季節に合わせた提案を行う。

いわば和食とスパイス料理の融合を、最もストイックに、最も思い切った形で体現するのがこの、国東半島に店を構える「チャイハナ海花」。

あの「アジャンタ」出身の瀬口さんが、土地の食材を駆使したインド料理を提供するお店です。

スパイス料理と和の融合が注目される今だからこそ、地方で知る人ぞ知る存在のこのお店にスポットをあてたい。

北斗の拳で言えばトキのような、ある種の究極的存在なんです。

(カレー細胞)

 

日本のわびさびを感じる昭和20年築の実家。まったくもって商売っ気がない店主から繰り出すインド料理は、来た人にしかわからない心に染み入るクオリティ。外国人観光客に日本の生活とおもてなしを知ってもらう場所となりうる。

(しまじろ)


 

▼negombo33(埼玉・西所沢 他)

 

埼玉の雄、今年は大躍進の年になったのではないでしょうか。

元々カレー好きの間では知られた名店ですが、今年はS&Bからこのお店の代表メニューである「ラムキーマカレー」がレトルトとして発売。その再現性の高さが話題になりました。

一般受けしなそうな羊肉を、レトルトカレーというマニア以外に届く商品として送り出したということは大きな「貢献」といえると思います。

さらに11月には高円寺に姉妹店も出店し、のりにのっているお店です。

(三吉)

 

高円寺にも姉妹店ができた人気店。ラムキーマやチキンカレーなどどれも食材にこだわっており美味しいし、店主のこだわりが詰まったカレーの数々を楽しめます。何カレーかときかれたら山田さんのカレーとしか言いようのない味。

(ノリ)


 

▼Bangera’s Kitchen(バンゲラズキッチン)(東京・銀座)

 

マンガロールという、あまり世間に知られていない地域の料理。にもかかわらずあまりの美味しさとキレに瞬く間に大人気、銀座のエースになった。

バンゲラさんの探究心や研究熱心さがお店の味に日々反映されていて、これからもアップデートが止まらないお店。

(さと2)

 

カルナータカ州マンガロールの専門店というマニアックなお店ですが、盛況ぶりからも広く受け入れられているのが判ります。築地で仕入れてくる魚も新鮮で良い物を使っています。マンガロールが海岸沿いの都市ならではですね。フランス人デザイナーにオーダーして作ってもらったという壁紙や器もお洒落です。

(ノリ)


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM